任意売却とは?

lady05_02.gif

 

住宅ローンを完済しなくても家を高値で売却できる

引越し費用が出る場合がある

最大50%の不動産仲介手数料が入る

 

任意売却とは、住宅ローンの返済が困難になってしまった場合に、債権者と協議し、仲介者(不動産会社)を通じて市場において売却することを言います。

自宅を購入する場合、金額が大きいので大半の方が30~35年といった長期の住宅ローンを組んで購入されています。住宅ローンを組んだ時は、給料を基に支払い計画を立て、銀行と金銭消費貸借の契約及び自宅に抵当権設定(担保)契約を結びます。

通常は、住宅ローン完済時に、抵当権を抹消(担保を解除)しますが、住宅ローンが返済できなくなった場合、銀行は抵当権を設定しておりますので、抵当権を実行し競売による回収を図ります。
例外として、競売よりも高く売りたいという本人の意思表示により、銀行と協議し住宅ローンを完済しなくても、抵当権(担保)を解除することが出来ます。それを行うのが任意売却です。

実は任意売却は、銀行・お客様双方にメリットがあります。

なぜなら、競売よりも高く売却できますので、銀行は資金を多く回収でき、お客様は住宅ローンを多く返済できるからです。お客様には、他にもメリットがあります。家を売却し
た後の引越し費用も銀行と協議し、捻出してもらえる場合があり、当相談センターから任意売却によって発生する不動産仲介手数料の最大50%を受け取ることが出来ます。

任意売却をされた場合に、経済的なメリットが大きい事がご理解いただけたでしょうか。

次に、任意売却の基礎知識についてご説明させて頂きます。

 

date:
writer: 明誠商事株式会社