競売と任意売却の違い

競売と任意売却の違いを一言で言うと「精神的にゆとりを持てるか、追い詰められるか」の違いです。
任意売却の場合は時間があるので、弁護士さんと相談しながら住宅ローンの処理のやり方まで把握でき、更に引越し費用などが入りますので経済的に余裕が生まれます。

競売の場合は落札されたら、引越し費用などが貰えずに立ち退かなければならなく、立ち退きを拒否した場合は執行妨害で刑事罰に処せられる場合もありますので違いは明らかです。

それと、一番気になる売却価格では任意売却はほぼ市場価格に近い金額での取引となりますが、競売では市場価格の約6割程度の値段しかつきませんので、大概の場合は売却後もローンの支払いが大幅に残ってしまいます。
この支払の事を残債、或いは残債務といいます。
残債を支払って行く額が小さければ小さいほど負担が小さいことは言うまでもありません。
そういう面からも競売と任意売却の違いは明らかと言えるでしょう。
また精神面からしますと任意売却であれば住宅ローンが払えないという事情を世間体的に人に知られることがなく、引っ越しに掛かる費用も少し援助してもらえるケースがあります。

一方競売となりますと担保物件の取り扱いは地方裁判所が差し押さえることとなり、競売物件として公開されるのでご近所に知れてしまう可能性があります。
競売と任意売却はどちらも持ち家を手放さざるを得ないことには変わりはありませんがそれぞれのメリット・デメリットはあります。

任意売却でのメリットは先ずは金銭面です。
売却するにあたり不動産会社に入ってもらいますのでそれに掛かる手数料、また滞納していた税金や分譲マンションの場合は管理費等が売買価格から差し引かれますので債務者からの持ち出しが殆ど無いと言う点、また任意売却後の残債務については月々の返済額を少額にしてもらえる可能性が高いなど金銭的・精神的負担が軽減される一方、デメリットとしては物件の内覧の立会いや契約・決済の立会など、ご自身の時間を割けなければなりません。
競売のメリットは売却による手続きが全て裁判所が行いますので、時間を割けなくてもいい事くらいです。
デメリットは売却価格が低いため残債務額の負担が大きい、情報公開により近隣にばれてしまう懸念、引っ越し費用のあてはなく、実費で引越し費用を捻出しなければならなくなります。

 

date:
writer: 明誠商事株式会社