任意売却の依頼先

任意売却を決断した場合、一体どこに頼めばいいでしょう。
住宅ローンの支払いが滞り始めると金融機関から連絡が来ます。
それでも支払いを滞納すると期限の利益の喪失による一括返済を求められるようになり、それらの文面内容や言葉遣いからかなりの精神的ダメージを被るものです。

その時点では法律的な内容も分かりませんのでご自身一人で正常な判断が出来ない場合もあります。
先ずは現況をどこかに相談し、依頼しないことには始まりません。
ではその依頼先はと言いますと、何通りかあって不動産業者や大手不動産会社、債権者側から紹介された業者、弁護士・司法書士など法律の専門家、任意売却専門の不動産業者、NPO法人・社団法人などが挙げられます。
意外と多くの分野において任意売却を取り扱っていることがお分かりになると思います。
それぞれに得意分野や手数料が発生するなどの特色が分かれています。
任意売却はするけれど自己破産はしたくない、債務整理も一緒に依頼したいなどその方の要望や状況によって適した依頼先が変わってくることがあります。

任意売却は依頼した業者によって成功するか否かが変わってくることもあります。
任意売却を専門とする不動産業者は多くの経験と実績がありますので債権者等の交渉にも慣れていることからなるべく所有者の意向にそった形で任意売却を進めてくれますのでトータル的なサービスを受けられるメリットがあります。
自己破産や債務整理等などの法律的なことは弁護士・司法書士がいいかもしれませんが、あくまでも法律の専門家ですので任意売却となれば不動産業者を紹介してくれる事になります。
依頼を避けたほうがいい部分ではネット上サイトだけの運営で事務所を構えていない業者、高額な引越代を渡すと言ってくる業者、宅建業の免許を持っていない業者、弁護士でもないのに相談料を請求する業者などには注意が必要です。
売却不成立の場合、仲介手数料の支払いは発生しませんのでそのことも確認すると良いでしょう。
成立すると売却額の中から差し引かれますので所有者からの持ち出しはありません。

date:
writer: 明誠商事株式会社