任意売却物件はその後のことを考えて

折角のマイホームを手放してしまうのはとても悔しいですね。しかし支払える目処がないなら一家を救うためにも少しでも良い条件で決断するほうが得策となり、新たなスタートをする心の準備も行いましょう。

任意売却で物件を処分したとして、その物件は買い手に渡りますよね。手放したくないのに他人に住まれてしまうという不本意な気持ちは分かりますが、新たな住人となる買い手側にも選ぶ権利はあります。

競売よりは相場に近い金額で売れるとしても中の状態があまりにも酷いようならば買い手側がリフォームをするなどの費用が余計に掛かってしまうということです。

例えばペットを家の中で飼っていた場合は引っ掻き傷や臭いなど、他人からすると気になるものです。他にも障子や畳、クロスが傷んでいるのも困り物。いくら新築でも住んでいる間にそれ相応に劣化もしてきますし汚れも目立ってきます。

購入当初は人に譲るなどと考えないと思いますが、家を長持ちさせるためには綺麗に使うに越したことはありません。また不本意ながら人手に渡してしまうことになったとしてもなるべく高い金額で売却したいものです。相場がありますので競売よりは高値がつくかもしれませんが、それでも極端に住居が傷んでしまっている場合は本来の金額より下がってしまう可能性もあります。

そうなると当然債務額が増えるということになりますので、家は手放したものの残債務を払っていく期間が長くなってしまうと負担も大きくなります。家を綺麗に、或いは丁寧に使うということは結局ご自分のためにもなるということを頭に置いておきましょう。

また円滑に任意売却を進め、成功させるためには内覧に付き合うことです。住人が不在で鍵だけをポストなどに置いてどうぞご自由にご覧下さいと言われても、人の家に勝手に入るようなものですので決して気分がいいものではありません。

家は人生で一番大きな買い物であると同時に、気に入った住まいでなければ住む気持ちになりませんので、最初から印象を悪くしてしまうということは買い手に恵まれない、時間切れで競売に移行してしまう結果を招きかねませんので、最後まで責任を持って対応しましょう。

date:
writer: 明誠商事株式会社