任意売却をするにあたっての費用

世の中何をするにも費用があります。任意売却するのも当然必要経費が出てきます。ただでさえ支払いが困難な上に、費用が発生してしまうとなれば踏んだり蹴ったりですね。

競売と違って任意売却の場合は費用、精神面において債務者にとって優遇されることも多いですので、無理な支払いを続けて破産することを思えば、任意売却で一区切りをつけ、新たな人生をスタートさせることもいいかもしれません。

一般的に任意売却に掛かる費用として、不動産売却の仲介手数料(売買価格の3%+6万円+消費税)、抵当権の抹消費用と司法書士の報酬、固定資産税等の滞納精算金、本人の引越費用、残置物の撤去費用、後順位担保権者の判子代、差押等がある場合、その解除費用、マンションの滞納管理費などです。

これらをトータルすると結構な額になると思いませんか?

しかし、任意売却のメリットの中ではこれらの費用について債務者の持ち出しがないという点です。売買代金の中からこれらの費用配分を認めてもらう形となり、更には引越費用を補ってもらえるケースもありますので本当に有り難いと思いませんか。それでも矢張りマイホームを手放すことには違いありませんので手放しで喜べる話ではありませんよね。

いくら債務者の持ち出し分がないとは言え、市県民税や固定資産税などの差押え登記がある場合については多少難題で、管轄する地域によっては全額納付が抹消条件となっている場合もあり、債権者からの費用控除では補えないケースもありますので滞納で一番怖いのは実は税金だということがお分かりいただけると思います。

任意売却を専門に取り扱っている業者では成功した場合の報酬を売買代金の中から配分してもらいますので債務者への負担はなく、また仮に不成立になった場合は費用の請求はないことから良心的な業者を選ぶか否かで大きく変わって来ますので最初の段階で費用の点についての確認を怠らないようにしておきましょう。

引越代についてはあくまでも債権者の好意となるため、全てにおいて認めてもらえるというわけではありませんので、注意が必要です。

date:
writer: 明誠商事株式会社