マイホーム計画の失敗を最小限に留めるために

自宅を建てる時、一番いいのは現金で支払うことです。
金利が発生しない分、一番安く手に入れる方法となりますが、よほどの貯蓄や援助がない限りは先ず無理でしょう。
頭金でいくらか納めるとしても大抵は30年、35年とローンを組みます。
根本的に金融機関が融資をしてくれる時点でその人の信用があるわけですのでこのまま行けば支払いが出来ると解釈しての融資となります。

借りたほうも完済の年齢から遡り、現役で返し終え老後はゆっくりと送り、自宅は子供への財産になるなど数十年後を想像することでしょう。
しかしローン完済は何十年も先なのでその間に事情が変わることがあってもおかしくはありません。
金利の安い昨今は住宅を考えている人には有利な時期です。
住宅に限らず車など金額の大きな物を借入するにはチャンスですのでこの機会に思い切ることもいいでしょう。

マイホームはひと財産になりますので手放さなければならないような事だけは避けたいですね。
そうならないためにも住宅資金を借り入れる際に色々と知識を得ているほうがいいでしょう。
例えば毎月の支払額に関して固定金利にするか変動金利にするか、それぞれのメリットとデメリットを把握した上で決めるようにするといいですがこればかりはどちらが言いかがハッキリと言えないのが実情です。

また夫婦二人で返済をしていく場合、どちらかに万が一の事が起こってしまった時や働けないほどの疾病に掛かってしまった時なども想定して保険に加入する、もしも支払い困難が生じたときにどの時点でどう動くべきかを知っておくなどまだ起きていない先のことをあれやこれやと考えるのは難しいかもしれませんがことわざでもあるように転ばぬ先の杖を肝に銘じておくほうが無難でしょう。

一にも二にもお金です。
借りたお金は利子を上乗せして返していかなければなりません。
住宅ローン返済中は正式にはまだご自分の家にはなっていないという感覚なのです。
家を建てると決めた時点でもしもの時に備えて多くの知識も一緒に勉強しておきましょう。
そして支払いが難しくなりかけた時点で早目に任意売却などの専門家に相談しましょう。

date:
writer: 明誠商事株式会社