返済方法を変更したい時は

マイホームを手に入れるには金融機関から借入する住宅ローンを数十年掛けて返済していかなければなりません。

しかし住宅ローンは長期に渡るため、最初に決めた通りには行かなくなる場合も出てきます。余裕がある場合は繰り上げ返済することにより返済期間が短くなるばかりか、返済総金額も減りますので負担が軽くなりますが大抵の場合はその逆です。

本来の返済額予定では苦しくなることのほうが多いでしょう。その理由は様々で親の介護や子供の進学等で予想以上に資金繰りが難しくなった、収入額が減ってしまったなど。

そういう場合、今までと同じやり方では返済が行き詰ってしまい、滞納し始め、次第に払えなくなってしまうと待ち構えるのは競売となります。だからといって貯蓄を取り崩して住宅ローン支払いに回せば済むかと言えば、状況によります。ほんの数ヶ月程度で済む場合はそれもいいかもしれませんが、見通しが立たない状態で闇雲に貯蓄から捻出するのは危険極まりありません。何故なら、払い続けられるほどの金額でもない限り、貯蓄も底を付き、払えるあてがなくなってしまった場合、生活そのものが成り立たなくなってしまいます。

もし貯蓄があるなら繰り上げ返済のほうが得策です。貯蓄から捻出すると丸裸状態になってしまい、家族が路頭に迷いかねません。冷静に考えるとその辺も分かりそうなものですが、支払いが滞り始めると気持ちのゆとりがなく、目先のことを優先してしまいがちです。その時点で任意売却を専門で取り扱う業者に相談すれば何らかのアドバイスをいただけると思いますが、それすらしないと所詮素人では解決出来ないのが住宅ローンです。

予め勤め先の状況悪化が見込まれそうな時は給料カット、ボーナスカットも想像が出来ます。その時点で住宅ローンの返済方法を変更してもらえるよう申請するのが賢明かもしれません。

例えば収入が減ってしまうので従来の金額で払い続けるのが難しいようであれば返済期間を延長してもらう、暫くの間、返済額を減らしての返済をしたい場合は一定期間における返済額の減額、ボーナス返済がネックになっている場合はボーナス返済額の変更かボーナス返済の取り止めなどが挙げられますが何れにおいても変更後に返済の継続が可能であることが大前提となりますので早い段階で措置を取るほうがいいでしょう。

これによって競売どころか、任意売却も回避出来る可能性が高まります。

date:
writer: 明誠商事株式会社