任意売却で買い手が見つからなかった場合は?

月々の住宅ローン支払いが滞り過ぎると段階を経て住宅ローンの一括返済を求められてしまいます。
金融機関が指定した金額を一括で返済しなければ自宅は差し押さえて競売にかけられてしまいます。
一括返済というくらいですから借入されている残高を指します。
月々の支払いさえ困難な状況で残りの額を一括で払えるわけもありませんが一括返済が出来ない場合は競売になるか、任意売却をするかの2つの方法しか残されていません。
競売は強制的に処分されること、任意売却は自分の意思で売却することですがどちらの選択肢がいいかといえば、後者の任意売却のほうが少しでも多くのメリットがあります。

では任意売却の方向で進んだとして、必ずしも売却が出来るかといえば100%ではありません。
任意売却が出来る期間というものがあります。
もしこの期間内に、買い手が見つからなかった場合は競売へと移行してしまいます。
売却を回避させるには、仮に金融機関が競売の取り下げをしてくれる場合、或いは延期を申し出てくれる場合ですがこれらはかなり稀なケースです。

では、任意売却で買い手が見つからなかったら売却しかないのかと言うと、もう一つ方法があります。
それは任意売却の買い手を見つけることです。
任意売却専門業者では、売却における手続き及びやりとり以外にも買い手が見つからなかった場合に買取事業やその関連会社にて行っているところもあります。
どうしても売却だけは避けたいという意思が強いようでしたら任意売却で買い手が見つからなかった場合に買取事業も行ってくれるか等を最初に相談するほうが安心かもしれません。

勿論買取事業を行っていないからといって、その業者を止めて買取事業を行っている業者を探すほうがいいというわけではありません。
もし最悪の場合はどのようになってしまうかを聞いた上で納得がいくならその業者にお任せすればいいということです。

一番大切なのはその業者を信頼してお任せ出来るかという部分です。
信頼の中には過去の実績は当然のこと、質問に対して明確に答えてくれる、アドバイスをしてくれるなどこちらの気持ちを汲み取ってくれた上で最善策を見つけてくれる業者です。

date:
writer: 明誠商事株式会社