自己破産前に任意売却をするメリットは?

自己破産をすると財産とみなされるすべての物が差し押さえられますので、自宅は換価処分の対象となり当然手元から離れます。
任意売却にしても手放すこととなります。
結果だけをみるとどちらのケースにおいても住宅ローンの支払いができない状況であれば手放さざるを得ないことになるでしょう。
ではどちらのほうがいいでしょうか?

自己破産は借財等を払わなくて済むのでこちらにするほうがいいと思っていませんか?
また自己破産することによって自宅も処分されてしまうのであえて任意売却をしなくてもいいと考えていませんか?
自己破産は思っている以上にダメージを受けます。
先ず金銭面でいいますと、任意売却であれば持ち出し費用は掛かりませんが自己破産で家を処分するとなるとおよそ20万~50万円ほど掛かります。
これは自己破産の場合、自宅は管財事件となりますので裁判所にそれだけの予納金収める必要があるためです。
自己破産にも種類があり、同時廃止と管財事件があります。
住宅ローンが払えない困窮した状態で50万円も出てくるわけがなく、その場合の同時廃止では代理人等の報酬は別になるものの手続費用は約3万円程度でおさまります。
しかし免責不許可事由がある場合は、小額管財事件になることがあって少なくとも20万円は必要になります。
管財事件は破産者に換価資産等がある場合とし、自宅を所有しておればたとえオーバーローンであっても原則として裁判所に50万円(小額管財事件では20万円)を予納することになります。
これらのことから持ち出し分が無い任意売却を自己破産前にしておくほうがいいことが分かりますね。
任意売却で自宅を売却しておけば自己破産において換価する資産がなくなりますので費用が安くなる同時廃止になる可能性が高まるとともに、手続きも簡素化され免責までの期間も短くなります。
任意売却では持ち出し分がないばかりか転居費用も債権者がある程度負担してくれる場合や、引越時期の相談もできますので自己破産で自宅を失うよりも任意売却をするほうがメリットも多くあります。

date:
writer: 明誠商事株式会社