Q任意売却後は全て終わりますか?

住宅ローンの支払いが滞り始めたころから金融機関から電話や書面などによる催促が来るようになります。
最初のうちは応対するものの、支払える目途が立たなくなるといつの頃からか電話に出ない、書面が来ても見ないなど精神的に追い込まれていきます。
そしてそのうち督促状や勧告書が届くようになり、そこで初めて家を手放さなければならない現状を思い知らされるでしょう。

その後競売だけは回避することが出来、任意売却で一旦ケジメを付けることが出来たとします。

あまりにも大きな損失ではありますが、今までのような頻繁な催促から解放され、精神的に幾分か落ち着いていくことでしょう。
しかし任意売却をするとそれで全てが終わるということではありません。
殆どのケースではオーバーローンによる残債務を課せられてしまいます。
住宅を手放さざるを得なくなってしまった状況の人に残債務を一括で返済出来る訳もありません。

また今までのように月々の返済額が大きいようならそれも無理でしょう。
任意売却はあくまでも不動産を手放して得たお金というだけに過ぎず、重要なのは住宅ローンの残債務額です。
差引しても残るケースが多く、この支払いを今後どのような形で進めていくかが重要なポイントになってきます。
そういう交渉は素人では難しく、専門家に入ってもらわないといけないでしょう。

家を失ったことにより、新たな物件を賃貸するにしても月々の賃貸料が発生します。
それにプラスして残債務を完済するまで払っていくことになりますので毎月支払える額面に無理があっては続きません。
任意売却後に残ってしまった借金は、専門家である弁護士さんに相談され、無理がない返済で応じてもらえるよう金融機関と交渉してもらうことをお勧めします。

date:
writer: 明誠商事株式会社