支払いに困った時にタブーな借入

住宅ローンに限らず毎月のクレジット支払でその月に返済が難しくなったときに借りた経験はありませんか?
人から借りる、或いはキャッシングを利用するなど返済するための資金をどこかから調達するために更に借りてしまうパターンです。
額が小さく、近いうちに返済出来る、その月のみで切り抜けられる程度ならさほど問題はないかもしれませんが、これが慢性的に続くようならば一ヶ所返すためにどこかから借り、そこへ返すためにまたどこかから借りると借金額が次第に雪だるま形式で増えていき、気が付けば何社からも借りてしまって借金地獄に陥ってしまうことになりかねません。
それを繰り返し、最終的には自己破産の道を辿るという最悪の結末を迎えてしまうわけです。

ではそうならないうちの早い段階で手を打つ方法はなかったのか?という所に住宅ローンの支払いが困難になりかける時期にやってはいけないことがあります。

それは消費者金融や人から資金を借入することです。
消費者金融の金利は高いからです。
低い金利の住宅ローンを返済するためにわざわざ高い金利の消費者金融から借りてしまえば返済額が膨らみ、益々支払いが困難になることが目に見えます。

また親兄弟など親しい人から借入することもその状況をよく考え、慎重にしましょう。
貸してくれた人に返済できる目途があるならばそれはそれでいいかもしれませんが、何の当てもなくその場しのぎで借りてしまうと迷惑が掛かってしまうことも目に見えています。

住宅ローンの遅延はその月の返済が遅れたからといってすぐにどうなるものではなく、一般的に最低3ヶ月の猶予がありますので消費者金融や身内などから借りる前に今後のことを専門家に相談するなりしてアドバイスを受けましょう。
住宅ローンは借りた額が大きいので返済額や返済期間も大変なものです。
途中で収入の歯車が狂ってしまうと家を手放すばかりか、家族離散にもなりかねません。
それこそ人生が大きく左右されていまいます。
最悪の事態になってからではなく、なるべく早い目に専門家の力を借りましょう。

date:
writer: 明誠商事株式会社