離婚に伴う名義変更について

離婚を機に住宅を売却して綺麗にするか、或いはどちらかがそのまま住み続けるか。
後者の場合はもともと夫名義でそのまま夫が住み続ける場合以外の夫婦共有名義でどちらか一方が居住する場合や夫名義で妻が住むことになるケースでは単独所有になるということです。
その際に注意しなければいけないのが名義変更の際に金融機関の承諾が必要になるということです。
住宅の所有名義が変わったとしてもローンの債務がなくなるわけではありません。

仮に夫名義から妻名義にしたとしても夫のローン支払い義務が無くなるわけではなく、共有名義から単独名義に切り替えても相手方の債務が消えるわけではないということですので実際問題としてはローンの残り額にもよると思いますが所有者の名義変更は難しいと言えるでしょう。

困難を伴うものの住宅ローン名義変更が出来る可能性として、住宅ローンの借り換え、連帯保証及び連帯債務を背負ってくれる別の人に変更する、共有名義を単独所有に変更する、住宅ローン残債務を一括返済するなどが挙げられますがどれも残債務相当の金銭が絡むため、一筋縄では行かないでしょうが可能性はゼロではありません。

このどれもが不可能であり、今後の住宅ローンを支払っていく自信がない、或いはその家に住み続けたくないのであれば残る手段は売却しかありません。
売却価格が残債務よりも上回る、或いは下回ったとしても預貯金などで完済できるのであればいいのですが殆どの場合は売却価格よりも住宅ローン残債が上回っていることが多いのです。
住宅ローンを組む際にその不動産に担保が設定されているケースが多く、その場合は残債務があると売却が出来ません。

そういう場合でも売却できる方法があり、これが任意売却になります。
離婚時に伴う任意売却は財産分与が発生する上、ケースバイケースによって処理方法が違ってきますので専門家に相談した上で事を進めることをお勧めします。
離婚は精神的ダメージを伴う上、財産分与などの事後処理にも時間を要します。

date:
writer: 明誠商事株式会社