Q 家族の絆を重んじるために家を手放したくありません

昨今のマイホームを購入する年代は以前の30代、40代が多かった時代とは違い、今は幅広い年代層になっています。
一般的に20代であれば資金繰りからローコスト住宅、30代~40代はそれなりのクオリティーを希望しつつ、お子さんを中心とした家族だんらんを重んじる傾向があり、50代~60代となれば余生をゆったりと過ごせるような安全性重視や2世帯住宅などが多くなるようです。

何れにおいてもその家に住んでいる年月の分、家族との絆も深まっていくことでしょう。
将来は子供に相続する目的も含めての物件購入となるわけですので親の代で支払困難の理由により、手放してしまうのは誠に不甲斐なく思うのは当然のことだと思います。

しかし社会情勢の不景気だけではなく、体調を崩されて働けなくなるケースもあります。
決してご本人が悪いわけではありませんが減給、或いは職を失ってしまうのが現実。
こうなると今まで支払っていた住宅ローン返済が難しくなってきます。

どうしても今の家に住み続けたいのであれば方法は2つあります。
一つはリースバックを条件に第三者へ任意売却をする。
もう一つはご家族や親族等、親しい人に任意売却をし、その後買戻しをする方法で何れも所有権は新しい持ち主へと移行しますが今の家に住み続けることは可能となります。

ご家族や親族など身内の方に任意売却する場合は「個人間売買・親族間取引」と言いますが、この場合に住宅ローンを組むことはかなり難しい形となるものの可能性はゼロではありません。
そのことから資金力がある身内の方がいらっしゃり、その方の同意があれば一旦買い取ってもらい、その後支払いが安定する見通しがつく時点で、その方から再度買い戻すという方法もあります。

しかしながら資金力がある身内がいて、更に理解もしてもらうとなるとそう簡単なことではないのが現実です。
家を手放すことによって今まで通りの生活を維持するのは難しくなりますが、だからといって必ずしも家族の絆を失うのではなく、むしろそういう状況だからこそ家族で一致団結できる機会にもなると思います。

date:
writer: 明誠商事株式会社