Q何とかして自宅に住み続ける方法は無いでしょうか?

やっと手に入れたマイホーム、住んだ年数だけ思い出もありますよね。
また日常において生活が出来上がっているものです。
どうにかしてこの家に住み続けたいと思うのは当然のことです。

しかしながら住宅ローンの支払いが滞ってしまうと法的手段として明け渡しをしなければいけないのが辛い現実となります。

その中でも何とか住み続けたいという方へ全く手段がないというわけではありません。
勿論一筋縄ではいかないのですが、その方法は住宅ローンの支払いを継続できる環境を作る事です。

それには親子間、親戚間で任意売却が出来る場合です。
新しい買手さんとしては中古物件として買い取るわけですのでそれなりの資金がある場合は可能です。
通常、銀行は親子間での任意売却はローン保証会社が保証を受けないことから認めませんので融資を受けることは非常に困難となり、買い取る側に資金の用意がある場合のみ任意売却は可能となり、その後また買い戻すという方法を取れば住み続けることは可能です。

しかしこれらが不可能な場合は業者に買い取ってもらう方法です。
そしてそこから賃貸物件として借りる、或いは後で買い戻すのですがそうなりますと業者へのマージンが発生しますので返って高くつく場合があります。

賃貸物件として借りる場合の家賃額と本来の住宅ローン額を比較するといいでしょう。
月々の住宅ローン額よりも賃貸料の方が下回っている場合は業者に買い取ってもらうほうが良い場合もあります。
毎月家賃として支払うことによって住み慣れた家に居られる、ボーナス月などの支払がなくなりますので当面は賃貸物件として借り、買い取りの目途が立てば改めて買い戻すという方法もあります。
このように方法はないものではありませんので一番いいのは親子間、親戚、信頼できる友人等に買い取ってもらい、そこから賃貸物件として借りる契約を交わし、もし資金が貯まったら、或いはローンを支払う目途がつけば再度買い取るという方法、或いは第三者に買い取ってもらいそこから賃借りする方法が挙げられます。

このようなことから必ず家を明け渡さなければならないということはないのです。
これは競売においても言えることで知っている人に落札してもらい、その人から賃貸物件として借りれば住み続けることは可能となります。

date:
writer: 明誠商事株式会社