任意売却に必要な費用

結婚して家庭を持つという人生最大の決断をし、憧れのマイホームを持つとういう人生最大の買い物。

持つときは誰もが売却するなど頭にもないことなのに何らかの事情でローンの支払いが不可能になってしまう現実、これだけでも相当なダメージです。

折角手に入れたマイホームを手放す精神的苦痛を伴いながら更に手放すための費用を払うなんて踏んだり蹴ったりですよね。でも競売という最悪の事態を避けるためにも任意売却で決断するほうが幾分か救われるのです。素人では難しい手続きですので専門の人に入ってもらうわけですがその際に掛かる諸費用は一体どれくらいになるのでしょう?

金額の大きい小さいに関わらず売却する側としてはこれ以上の出費は不可能、或いは控えたいのが心情で、任意売却が成功した際に掛かる仲介手数料として物件価格の3%+6万円+消費税となりますが、これは売却された代金から差し引かれますので依頼者に請求されることはありませんが任意売却に必要な書類の取得費用等(登記簿謄本や住民票・印鑑証明書等)の実費負担はあるものの金額にして1万円程度で納まりますので実質任意売却に関わる持ち出し費用は無いと考えていいでしょう。

とはいうものの任意売却に至る時点でかなりの経済的負担の状況にあるわけですので売却価格よりも住宅ローンの支払額の方が上回っている場合は実質負債が残るということになります。

勿論任意売却をすることによって住宅ローンの支払いを全て完済できるならそれに越したことはないのですが大概のケースではそうもいかないのが現実なのです。このように大変厳しい現実となるわけですが、売却が出来たところでいざその家を後にするには引っ越しをしなければいけません。この引っ越し代金は粘り強く交渉を続ければ売買代金の中から出してもらえるケースもあり、一般の相場では10万円~30万円くらいとなります。不動産仲介手数料は売買代金から配分される仕組みになっておりますので、お客様への負担額はほぼないと言えるのです。

逆に明誠商事で任意売却すると、お金が残る仕組みになっております。債権者から配分される不動産仲介手数料の最大半額をお客様にキャッシュバックしておりますので、任意売却後の住宅ローン残債を処理をする債務整理の費用などに当てる事ができます。

 

 

date:
writer: 明誠商事株式会社