Q競売ってなんですか?

家を購入する際に多くの人は銀行などの金融機関から住宅購入のために資金を借りることとなり、これを住宅ローンと呼ぶのですがこれは融資を受けた金融機関に対して毎月決まった金額を一定期間内に返済することを条件に住宅ローンの返済が完了するまでその不動産を担保として抵当権が設定される事になります。

 

即ち、住宅ローンの返済が滞ってしまうと金融機関側は担保となっている不動産を強制的に差押えすることが可能となり、裁判所に競売の申立てを行い不動産を売却することができるのです。
但し、気をつけなければならないのが、金融機関が裁判所に競売の申立てをする場合、裁判所に予納金を収めなければなりません。
その金額は100万円以上かかる場合もあります。
その費用は最終的に債務者が負担します。

どういう事かと言うと、例えば、競売で1,000万円で売却できたとします。
1,000万円で売却できれば1,000万円が住宅ローンの返済に回るかと言うとそうでもなく、1,000万円から競売にかかった費用100万円が差し引かれて900万円が住宅ローンの残債に当てられます。
要は100万円が売却費用になってしまうという事です。

一般に不動産を売却する費用は1,000万円ですと36万円です。
競売ですと2倍以上の費用が発生してしまいます。
なんで競売費用が高いかというと裁判所から専任される執行官の費用と不動産鑑定を行いますので鑑定士の費用など、多岐に渡り費用が発生するからです。
しかも競売の価格は、不動産鑑定士などが評価した上で設定されますが最低入札価格は一般的に取引されている市場価格の5割程度で設定されることが多く、売り手側は大きく損をし、買い手側が大きく得をするケースが多いので、デメリットがどうしても大きくなります。
競売になってしまった場合も諦めずに競売の入札日の前日まで競売を取下げる事ができますので、金融機関とギリギリまで粘って任意売却の交渉をし、競売を取下げましょう。

 

date:
writer: 明誠商事株式会社