任意売却の基礎知識

憧れのマイホーム、誰しも夢見る事ですよね。親から譲り受けた家があれば別ですが結婚して所帯を持つと憧れのマイホームを建てたいと思うものです。

大概の人が金融会社から資金を借りて30年、35年とローンを組んで支払っていくのですが会社事情が厳しい昨今、減給や体調不良、突然の事故やその他の諸事情等で今まで通り仕事を継続するのが難しくなってしまう場合もあります。

折角手に入れたマイホームですがその後の住宅ローンの支払いが非常に難しく手放さなくてはならない状況に陥るとき、マイホームを売却することを任意売却といいます。

また任意売却以外には競売で手放すこともあります。しかしこれらにより家を売却したからといって住宅ローンの全てが帳消しになるわけではなく、殆どのケースでは任意売却や競売によって売却された価格に対して住宅ローンの残額のほうがマイホームの売却価格よりも上回っている場合が多く、売却価格の方が住宅ローンよりも低いことはほとんどありません。

仮に住宅ローンの残額が1500万円なのに対して任意売却において1000万円で売却しても500万円の債務が残ってしまい、この残った債務の事を残債務といいますのでプラスマイナスゼロ、即ち帳消しになるというわけではなくこのように残ってしまった残債務は一括返済するか毎月分割して返済していくことになるのです。

折角何千万も掛けて新築したマイホームであっても人が住めば中古物件になります。そしてそれは年月が行くほど家の価値が下がっていくのは当然なのですがローンを組む時点では完済する計画でいるので家が新しい状態のうちに任意売却をするケースよりもなんとか工面して払い続け、それでも二進も三進も行かなくなってしまった状態で売却を決意することに至ってしまうのでどうしても売却価格よりも住宅ローンの残債の方が上回ってしまう結果となるのです。

そうなってしまった時に、任意売却の進め方や住宅ローンの残債の処理の仕方など知っておいて得をすることが多様にございます。競売にかけられてしまうのは最終段階ですのでその前に任意売却で不動産を処理し、住宅ローンの残債の処理も同時に行うことができれば、住宅ローンの残債に関してあまり悩まずに対処が出来るようになります。

次に、任意売却の費用についてです。

date:
writer: 明誠商事株式会社