Q任意売却後の残債務はどうなるの?

任意売却とは、住宅ローンが支払えなくなり滞納となった場合、債権者の同意を得て不動産を売却し、その売却金額で残債務を補填することですが、任意売却を行うことは売却価格よりも住宅ローンの残債務の方が多い場合が殆どです。従って、不動産を売却した後でも残債務の支払いは発生し続けることになり、帳消しとはなりません。しかし、月々の支払金額は、従来通りではなく、少しずつでも無理のない範囲で返していくことということが可能となります。但し、利息や遅延損害金をカットしてもらわないと後々生活が困窮する場合もありますので、弁護士さんにお願いして、利息と遅延損害金をカットしてもらうことをお勧めします。残債が高額になる場合は、個人再生や自己破産を考えてみてはいかがですか?残債の金額が大幅に減額になります。このように、任意売却後の残債の返済の仕方はいくつかございますので、ご自身にとって一番効果的な解決方法を弁護士さんや任意売却専門会社と相談して選びましょう。

date:
writer: 明誠商事株式会社