Q任意売却後の債務者の負担はどうなるの?

任意売却が成立した後に債権が残った場合の債務者の負担はどうなるのでしょうか。

任意売却された場合には、売却金額から債権者への支払い・税金の支払いを行った後には、残債として債務者が支払わなくてはならない金額があります。これはリコースローンと言われる無担保の債務となります。

支払先は、住宅ローンの場合は金融機関でしたが、こちらの場合は保証会社あるいはサービサーと呼ばれる債権回収会社に支払っていくことになります。家を売却後に発生する新居の家賃と住宅ローンの残債を払い続ける事はかなりの負担となります。

そこで、弁護士さんに債務整理をしてもらい、住宅ローンの残債を軽くしてもらう事が今後の生活において必要となりますので、任意売却が終わった後は、弁護士さんに相談されることをお勧め致します。住宅ローンや税金を滞納となった時点で、できるだけ早く任意売却の専門会社や弁護士さんに相談することが、借金問題の早期解決につながります。

date:
writer: 明誠商事株式会社