任意売却業者の選び方

任意売却を成功させるために業者の選び方について考えてみます。債務者にとっては、住み慣れた家を売却するのですから、慎重に選択することが大切です。基本的には、任意売却をする場合ご自分でも可能なのですが、不動産・金融・法律などと多くの専門的な知識がないとうまくいきません。また、住宅ローンを滞納してから、督促状、代位弁済通知、期限の利益の喪失通知、競売通知、など多くの通知に対してのタイムリミットによる精神的に追い詰められた状態では正常な判断が困難なために、任意売却業者に依頼することになります。それでは、任意売却業者の選定ポイントには、任意売却に対しての経験や実績が豊富にあるか、不動産や法律の専門家である宅地建物取引主任者や弁護士・税理士などが所属しているか、任意売却にかかる費用の説明をちゃんとしてくれるか、最後まできちんと対応してくれるか、といった点があります。任意売却に対しての経験や実績が豊富にあるかでは、任意売却の手続きには債権者である金融機関との交渉で、任意売却を進めるための同意、不動産の売却価格の決定や住宅ローンの残債の返済額などの金額面が重要となってきて、債務者に少しでも有利な条件を提示してもらえることが必要です。不動産や法律の専門家である宅地建物取引主任者や弁護士・税理士などが所属しているかでは、任意売却を進める上での価格面に反映する宅地建物取引主任者の知識や民法・税法などの法律に詳しい弁護士・税理士により、安心して手続きを任せることができます。任意売却にかかる費用の説明をちゃんとしてくれるかでは、任意売却が成立した際には、売却金額から仲介手数料を支払われることになりますが、法律で決まった金額であるか、必要以上に費用を請求されていないかといった点が大切です。最後まできちんと対応してくれるかでは、売却後の住宅の紹介や残債を返済できそうもない場合は、債務整理の支援などのサポートをしてくれる業者を選択することが重要です。

date:
writer: 明誠商事株式会社