Q任意売却を行う窓口は?

任意売却をしたいと思った時には、どこに相談すればよいのでしょうか。

窓口としては、不動産会社、弁護士、司法書士などがあります。弁護士や司法書士は相談する時点で費用がかかる場合がほとんどです。不動産会社への相談は無料ですが、任意売却を扱った会社であるかは話を聞いてみないとわかりません。

また場合によっては債務者よりも債権者側に立った価格交渉をしてくることになるかもしれません。というのも一般の不動産の取引と異なり任意売却は特殊な取引となるからです。任意売却は売却する不動産の価格や金額配分を債権者と交渉を行う必要があること、競売の手続きが進んでいる場合には裁判所の動きをよく知っていないとうまく進まないこと、任意売却専用の契約書内容を作成する必要があることなどです。

したがって、任意売却の窓口は相談無料の任意売却専門の会社にまず相談を持ち掛けることが良いと思います。しかしながら任意売却専門会社は多く存在し、どの会社を選べばよいのかわかりません。信頼できる友人や知人がいればよいのですが任意売却という特殊性からあまり相談にのることができる方はいらっしゃらない場合がほとんどです。

そこで、会社の選び方について考えてみましょう。まず、設立年数が5年以上といったある程度の経験のある会社なのか、成約物件の実績が豊富な会社なのかといったことがあげられます。任意売却に関しての正しい知識や経験が豊富かといった点からの必要な確認事項です。

次に、任意売却に向けての具体的なスケジュールや解決までの事例が提示してもらえるかといった点です。任意売却は債権者の同意が必要なことと、裁判所の動向にも注意する必要があるからです。

特に任意売却手続き終了まで丁寧に対応していただけるかが大きなポイントです。解決に際しては、弁護士・司法書士・宅地建物取引士などといった法律・不動産登記・不動産取引の専門家を抱えているかまたは連携が取れているかといった点が取引を円滑に運ぶために不可欠となります。

date:
writer: 明誠商事株式会社