離婚と住宅ローンと任意売却

結婚して自分たちの新居を持ちたいと思い、住宅ローンで家を購入したまではいいのですが、夫婦でうまくやっていくことができず、全国で約3割の夫婦が離婚しているという統計を目にすることがあります。離婚の原因というのは、それぞれの夫婦の間でもいろいろな事情があるので一概には言えないのでしょうが、一旦、別れるとなればすぐにと思い、自宅を共同名義のままで、離婚してしまうというケースが多くみられます。離婚後、自宅や住宅ローンの支払いをどうするのかということになると、妻が専業主婦であれば自宅を妻の方が住み続けて夫側で住宅ローンを払い続ける、妻の名義に変更して妻側で住宅ローンを払い続ける、また、売却して清算してしまう、というケースが考えられます。夫側で住宅ローンを払い続ける場合には、夫側は、住宅ローンに加え自分が住む自宅の購入資金あるいは賃借料を二重に支払う必要があるので、将来的に支払い続ける能力があるのかという資金面での懸念が残ってきます。妻の名義に変更することは可能ですが、住宅ローンを借りている金融機関に承認してもらう必要があり、住宅ローンの支払いは妻側で持つことになります。その時、妻側に住宅ローンを払い続ける資金力があればいいのですが、給与や貯金がない場合には金融機関は名義変更を認めてもらえないことになります。売却して清算するというのは、まさに任意売却を行うことになります。住宅ローンを借りている金融機関と相談することで、任意売却が認められるケースは多くあります。任意売却をして清算することで、将来にわたる住宅ローンの返済の問題や今後お互い顔を合わせずにすむといったわずらわしさからも解放されますので、任意売却を選択されるケースが多くなってきています。任意売却を行うことで、住宅ローンの残債を全て返済できる場合もありますが、残債として残った場合に、お互いの貯金や親兄弟からの借用などで完済することによって、お互い新しい生活に進んでいけることになります。

date:
writer: 明誠商事株式会社