任意売却後の住宅ローン残債務について

任意売却が成立して自宅を売ることができても、自宅の売却金額が住宅ローンの残債分より上回るということが最近はほとんどなく、多くの場合は残債務として残ってしまい、継続して支払う義務が生じてきます。そうなると、新しい賃貸住宅の家賃に加えて、残債務の支払いも負うことになり、結果として、
生活が成り立たなくなる場合が想定されます。そうならないように、任意売却を始めるときから、今後の生活を考えた上で、行動するようにして下さい。具体的には、弁護士さんに相談し、任意売却後の残債について、新住居の家賃も視野に入れてどのくらいまで残債を払えるか若しくは残債を払えない場合、自己破産の手続きを取った方が良いのかなど、具体的なアドバイスを弁護士さんから聞いて下さい。そうすれば、任意売却をした後に生活が困ることが無くなる筈です。また、税金の滞納がある場合は、市役所と話し合いをし、税金の分割での交渉が必要になります。借金や税金を放置すると給料の差し押さえや預金の差し押さえ等になり、生活が成り立ちませんので、放置だけはやめて下さい。

date:
writer: 明誠商事株式会社