任意売却を行う前にどのようなことを知っておけばいいのでしょうか?

任意売却を行うに当たって事前にどういうことを知っておけばいいのでしょうか。病気やリストラなどで給与が少なくなり住宅ローンを支払うことができなくなって滞納してしまった場合、そのままにしておくと裁判所の立ち入りが入り、結果的には競売という強制的な形で自宅を手放すことになります。一方、任意売却とは、住宅ローンを支払うことができなくなった結果、本人の意思により自宅を売却して、住宅ローンの残債務を返済する方法です。任意売却が競売と異なるのは、あくまで自主的に自宅を売却することです。売却する行為としては、一般の不動産の売却と変わりませんが、任意売却のメリットとしては、自宅を売却する相手を選べることです。今の住宅に住み続けるために、親や兄弟などに購入してもらうことや、投資家に購入してもらい家賃を払い続けることで、将来、資金ができたときに自宅として買い戻すということも可能となります。また、自宅の売却金額よりも住宅ローンの残債務の方が多くなった場合、残りの債務を支払う必要がありますが、現在の収入と新しい自宅の賃料や生活費を含めて、債権者に提示して話し合いの上、無理のない返済計画を組むことができます。また、任意売却が成立した場合、引っ越し代金の一部を捻出してもらえる可能性もあります。一方、デメリットですが、任意売却を進める上ですべての債権者に同意を得ることが大前提となりますので、債権者が複数いる場合は、それぞれに同意を得る必要がございます。後順位の抵当権者には最低でも担保解除料(ハンコ代)の要求に答えないと同意は得られないことになります。同意を得られれば、売却の手続きを速やかに行い、購入者が決まれば明け渡すことになりますので、新しい住居の確保が必要となってきます。また、住宅ローンを滞納した時点でブラックリストに載りますので、新規のローンやクレジットカードについては、制限がございますので注意して下さい。

date:
writer: 明誠商事株式会社