任意売却を成功するための秘訣について

任意売却は住宅ローンを滞納して返済できない場合に、強制的な競売ではなく、債務者が自主的に住宅を売却するという方法です。自宅を売却して負債を完済できる見込みの場合は通常の売却でいいのですが、住宅ローンの残債が売却金額より多く、負債がある程度残ってしまう場合には、任意売却して負債を軽減することにより、新生活を築いていけることになります。そのような重要な局面での任意売却は、必ず成功に導く必要があります。そのための秘訣について述べます。住宅ローンを払えないことは恥だと考えて、手をこまねいているうちに督促状や裁判所からの通知や競売に向けての執行などが進んできて、結局のところ安い金額で自宅を手放さなければならないということになってしまうケースが多くあります。そこで、自分の問題だけとしないで、専門家への相談を早めに行います。任意売却が可能なのは、競売入札の前日までですが、直前になって債権者の同意が簡単に取れるかと言うとなかなか難しいものですので、住宅ローンの支払いが滞ってしまうと思った時点で任意売却を考えてください。そうすれば住宅ローンを滞納する前なので、時間的な余裕が持てます。また、査定をして住宅ローンの残債よりも売却金額が高いのであれば、一般の物件と同じように通常の不動産取引として売却することで解決します。残債の方が多い場合には、任意売却にかける前に、金融機関に住宅ローンの返済計画の見直し交渉をし、見直しが認められれば新しい住宅ローンの返済を行っていくことになります。それでも難しい場合には、任意売却を選択することになりますが、競売までに時間がありますので、手順の勧め方に無理がありません。このように、時間があれば、より有利な選択ができ、最終的に任意売却となっても、残債の金額がきちんと把握できますので、余裕を持った返済計画ができることになります。

date:
writer: 明誠商事株式会社