任意売却を勧める理由

病気やリストラなどの理由により住宅ローンを支払えなくなった場合、そのまま何もしないと競売となり、安い価格で強制的に自宅を手放すことになりますが、そこでおすすめするのが任意売却という手法です。
競売の場合と比べてどれだけいいことがあるかを検証してみましょう。
まず、残債務を最小限におさえることができます。競売となった物件は一般の市場価格よりも大幅に安い金額(50~70%程度)で売却されます。それに比べて任意売却物件は、一般物件に近い形での取引が可能となるので、残債務が出ても競売に比べて大幅に少ない残債務となります。残債務の返済を無理のない計画を立てることができます。競売による残債務は一括での返済を求められることが多いのですが、任意売却では、債権者との話し合いにより、融通の利いた返済計画を認めていただけますので、新しい生活も追い立てられることもなくスムーズに移行できます。新居への引っ越し費用や引っ越しする時期などを交渉することができます。競売では、売却されたらすぐ退去が待っていますが、任意売却の場合は、引っ越し費用を見てもらえる可能性もあり、また、引っ越し時期も交渉次第で希望を聞いてもらえる場合もあります。
競売の場合は、自宅が売却されることは広く世間に公開されますので、近所の方や友人や親せきなどに隠すことはできません。それに対して任意売却は、秘密を厳守してもらえますので、見た目は普通の売買を変わらないことになります。場合によれば、売却した元自宅に住み続けることができます。親戚知人や投資目的の方に購入してもらい、賃貸住宅として今まで通り住むこともできますし、将来資金に余裕ができれば、買い取ることも可能です。競売の場合は、無条件に退去しなければなりません。
競売となると裁判所から強制的に自宅を売却されることになるので、精神的な負担は計り知れません。それに対して任意売却は、不動産の売買は通常の取引と同じなので、自宅は他人の手に渡ってしまいますが、交渉次第で精神的な負担は軽減されます。

date:
writer: 明誠商事株式会社