任意売却の進め方

任意売却とは、住宅ローンを滞納した債務者が競売によるものではなく、自宅を売却して住宅ローンの債務を返済する方法です。競売は裁判所から強制的に行われる自宅の売却方法に対して、債務者が自分の意志で売却を決めることができることから任意売却と言われています。任意売却を進めるにあたって自分で行うことは不可能ではありませんが、法律の知識が必要になること、すべての債権者の同意を取る必要があるという高いハードルがありますので、信頼できる専門の業者に委託するのが任意売却を成功に導く方法です。任意売却の専門の業者は、一般の不動産業者とは異なり、販売だけでなく、法律にも詳しい専門家も居る業者が適任となります。任意売却専門業者が決まりましたら、債務者は任意売却の説明を受けて全体を把握します。次に、売却金額を決まるために自宅の査定をしてもらいます。査定後によって決まった売却予定金額を基に、任意売却専門業者が債権者と話し合って任意売却の同意をもらいます。債権者が、競売より高く売れ多くの債権が回収できる、と判断していただければ同意は取りやすくなります。債権者が複数いる場合にもすべての債権者に同意を取る必要があります。任意売却専門業者は、債権者から売却できた時には売却金額から引越代の費用を捻出してもらえるように交渉をしますが、すべてのケースで認められるわけではありません。任意売却専門業者は物件を一般の不動産市場に販売し、購入者を探します。購入者が見つかり、不動産売買契約を行います。契約後、購入者から売却金額が支払われると、任意売却専門業者への仲介手数料の支払い、債権者へ抵当権の順番から配当が支払われます。売却金額から引越代が捻出された場合、債務者へ引越代が支払われます。住宅ローンの残債が残った場合には、残債の支払先と返済金額を決めます。返済金額は債務者の収入で確実に返すことができる金額に設定します。新しい住宅への引っ越しと住宅の明け渡しを行い、任意売却が完了となります。

date:
writer: 明誠商事株式会社