任意売却とリースバックについて

最近は、任意売却後もそのまま住み続けることができるリースバック方式が注目されてきています。正式名称はセールアンドリースバック方式と言います。この方式は、主に企業が資金繰りのために自社の建物や機械設備名などをリース会社に売却し、そのまま入った形でリース会社から建物や機械設備をリース契約して使用していくということです。これにより、企業は資金の確保や減価償却処理および固定資産税の申告や納付などの管理業務の手間が省ける、といった多くのメリットが出てきます。将来、資金繰りが改善し資産が増えると買い戻しという形式も取ることができます。これと同じような形で、任意売却した不動産物件を売却後もそのまま住み続けることができるのが、住宅におけるリースバック方式です。住宅の場合も同様に資産を持っていると固定資産税や都市計画税といった税金がかかってきますが、大家さんとの賃貸契約により、住宅を借りているという形式となりますので、不動産にかかる税金は不要となります。また、賃貸住宅なので住み続けることができます。また、将来、自身の資産が増えた場合や同居している子供が住宅ローンを借りることができるようになれば、大家さんから買い戻すことも可能となります。大家さんが買い戻しに応じてもらう場合には、任意売却時の金額と比べて高くなる傾向があります。これは、大家さんは資産として不動産を購入しているので、買った時と売る時とは当然のことながら高く売りたいということになり、結果として、買い戻し金額は高くなる場合もございます。

date:
writer: 明誠商事株式会社